top of page

インドネシア実習生(噴霧塗装)の面接を実施しました。      

この度、宇都宮市の企業様でインドネシアの技能実習生を受け入れることとなり、オンライン面接を実施いたしました。 当受け入れ先はの大手製造メーカの自動車関連製品、冷凍車両の塗装作業を請け負っていらっしゃいます。 少子高齢化により人材確保・長期定着が非常に困難な状況下、技能実習生の受け入れ・育成の道をご決断されました。 今回、2億7千万人の人口を抱え人材豊富なインドネシアの技能実習生を受け入れることとなりました。人材募集にあたっては、インドネシアの人材育成・送り出しで実績のあるOSセレナジャヤを選択。求人数3人に対して3倍以上の10名の候補者に応募いただきました。 候補者全員、日本で働きながら塗装技術を習得することを目的に入国を目指す20代の若者です。 日本語の覚えも早く、候補者の中にはある程度の日本語会話ができる人材もおり、N4相当の会話力を身につけての入国が期待されます。

みなさん優秀で選定は難航。3時間を要しましたが、人数枠3名の内定をいただく事が出来ました。 内定者は既に3~4か月の日本語学習を進めており、技能実習計画の認定後、即入国が可能です。 特定技能を含めた長期在留を視野に、技能実習を良好に修了できるよう当組合も全力でサポートいたします。

閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page