ロタース協同組合くみあい便り  春号2022.05.10


ロータス便り2022年春号 Ver0.25 Release版 (002)
.pdf
Download PDF • 1.46MB

組合理事長 ご挨拶


新年度を迎え、皆様にはおかれましてはコロナ禍にあっても、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 皆様のおかげさまをもちまして、くみあい便りも、この春で創刊2年目の発刊となりました。

 昨年、技能実習生の採用面接を終了し、実習生の入国を心待ちにされている組合員様

におかれましては、入国日の遅延等、ご迷惑、ご心配をおかけしておりますこと深くお詫び申し上げます。

さる2月24日、厚生労働省よりコロナ感染水際対策に係る新たな措置が公表され、令和4年3月

1日より外国人の新規入国制限が変更となり、観光目的以外の外国人(技能実習生含む)の

新規入国が認められこととなりました。厳格な検疫措置を維持する観点から、1日当たりの入国者

数を制限する枠組みは残り、検疫の人員強化を図りながら段階的に引き上げが行われる見通しです。

 1日当たりの入国者数の上限は、4月10日から1万人に、引き上げられましたが、この2年間に

在留資格の事前承認を受けながら来日できずにいる外国人は、最大40万人いると見込まれ、

希望者全員が入国できるまでには時間がかかることも予想されます。

 当組合としても、技能実習内定者が1日でも早く入国できるよう、各種追加申請などの入国手続きを進めております。入国確定まで今しばらくの猶予を賜りたくお願い申し上げます。

 今後、個々の技能実習内定者の入国申請状況につきましては、担当者より定期的にご連絡申し上げます。コロナ禍で遅延した技能実習が、企業様・実習生双方にとって実りあるものとすべく、鋭意努力してまいります。今後ともご愛顧を賜りますようよろしく

お願い申し上げます。                                   (ロータス協同組合 理事長  福田 孝夫)

閲覧数:43回0件のコメント