top of page

ミャンマー 介護スタッフの面接を実施しました。

栃木県那須塩原市の介護施設で特定技能の介護スタッフを増員することとなり登録支援業務を承りました。 当介護施設は現在2名のベトナム特定技能介護スタッフを受けておりますが、2期生としてミャンマーの人材を採用することとなりました。人材の募集、教育、送出しについては、ミャンマー人材の送出しで信頼と実績のあるミャンマー・ユニティに依頼を致しました。 候補者は全員、JLPT N4の試験と特定技能評価試験を既に合格している人材です。 入国後は介護福祉士の資格を取得し、長期在留を目指す方です。

既に1年以上の期間をかけて日本語を勉強しており、面接では通訳を介さず会話が成立します。


皆さん優秀で選定には時間を要しましたが、最終的に2名の内定者を選定致しました。


内定者については、在留資格変更・入国手続きを完了するまでの期間を利用して、ミャンマ・ユニティにて日本語レベルをN3まで引き上げてから入職いただきます。

介護福祉士の資格取得には、JLPT N2相当の日本語が必要とされています。 JLPT N3で入国することで、特定技能で許される最長5年の在留期間内で介護福祉士の資格を取得できる可能性は飛躍的に高まります。 

内定者・受け入れ先 双方がWIN/WINの関係となるよう、当組合も全力で支援してまいります。 入国お待ちしております!!

閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page